結婚式の招待状を手作りすること

結婚式の招待状は、式場の担当者からいろんな見本を見せられるとは思いますが、手軽に自分で作ることが出来ます。友人の中でも費用を抑えるために自分で作っていた人がいました。ただし、それは本人から自分で作っていると聞いたからわかったことで実際に送られてきたものを見てもそれが手作りだとは思えないくらい立派にできていました。その友人は費用を抑えるためにといってはいましたが、見本があまり気に入るものがなかったということもあるようです。

ある程度パソコンを使う人であれば手軽にチャレンジできるようです。文具専門店でも用紙は販売していますが、ネットの中では全部見るのが大変な量の製品が用意されています。これだけあれば気に入るものがないということはなさそうです。招待状だけでなく、席次表や席札なども統一して用意すると見栄えもよいでしょう。一度きりの結婚式ですから、費用の面でも小物においても自分自身が納得できるものにしたいですね。さほど難しいことではありません。やはり10人いれば10通りの結婚式が出来上がりますから新郎新婦のカラーが光る式にできるとよいですね。その手間もきっと楽しい思い出として心に残ることでしょう。誰もが一度は憧れる花嫁、生涯を共にするパートナーとの新たなる門出を祝い、家族や親戚、友人たちにお披露目する結婚式は人生の一大イベントです。

結婚式を行う際にもっとも重要なのが招待状の作成です。結婚することを知らせ、式の参加人数を把握するためにも早い段階で作る必要があります。参加人数が確定しないと席の配置や料理の数、引き出物の数が確定しないので、その後の打ち合わせをスムーズに進める上で重要な役割を果たします。また受け取った人にいつどこで挙式するのか、相手は何という人なのかを伝える役割があります。式場でペーパーアイテムを作ってくれるところもあり、いくつかあるデザインの中から気に入ったものを選ぶといったところが多いようです。また、自分たちでオリジナルのものを手作りするのも良いでしょう。手作りならではの温かみのある作品は貰い手に喜ばれます。また、宛名は手書きをするのが慣例ですが、最近では仕事などで招待状の宛名を書く時間がない人のために宛名書きの代行を行ってくれるところもあります。そのようなサービスをうまく利用すれば手間がかからずに便利です。結婚式を挙げる上で招待客の手元に一番にわたるものだからこそ洗練された招待状を送りましょう。

Comment

コメントを残す

*