手作りの結婚式の招待状

最近は年齢のせいか友達から結婚式の招待状が送られてくることも多くなってきました。みなさんは招待状が送られてきた時きちんと見ていますか。式を挙げる側は1つ1つのアイテムに思い入れがあり、きちんと選んでいるものなので、是非1つ1つのアイテムをしっかり見てあげてください。自分の結婚式の時に、費用の節約ということもありましたが、招待状や席次表などのペーパーアイテムは全て手作りで作成したのですが、手作りは大変だけどとても楽しかったです。

式場で頼むと費用は高いのに自分の好みのものがなかったので、時間もあったので全て手作りにしたのですが、アイテム売り場に行くのはとても楽しく、あれもいいこれもいいと悩むくらい種類もたくさんありました。季節が春で桜が咲く頃だったので、すべてを桜で統一したのですが、我ながらとてもよく出来たと思っています。パソコン自体それまでは持っていなくて、ペーパーアイテムの印刷の為にはじめてパソコンを購入し、使い方もわからないなかでよくあれだけのものが作れたなと自分でも驚いています。もともとデザインや物作りが好きだったので向いていたのかもしれません。もう作ることはないと思うけれど今でも友達の結婚式に行くたびに思い出すいい思い出です。結婚式には招待状がつきものです。到着すると、色々な事を考えてしまいます。招待状をくれた方との思い出だったり、参加の有無、また衣装などなど考えが尽きません。

そして、ゆっくりじっくり日付や会場を確認します。そうです、招待状はゆっくりじっくり確認されるものなのです。また結婚する方々のセンスも表れる一品になっています。ここから既にお二人の結婚式がスタートしていると言っても過言ではありません。だいたいは式場の方でサンプルなどが用意されているのでそこで夫婦が話し合い決めればいいものですが、やっぱり個性を出したい。なんて方はすべてを手作りされる方も今はいらっしゃるようです。ただし、費用を安くしたいから手作りにする。と考えてる方は意外と時間もお金もかかってしまう場合がありますので注意が必要になります。昔と違い小人数制の式が増えてきましたのでゲスト全員を気を配る事が出来るのも素敵な事です。さてどのようなものが喜ばれるのか、または自分らしさや個性を出すのかは各夫婦の考え次第であります。一生に一度の結婚式ですから妥協はせずに細かい事まで気遣いをし自分自身もまた家族招待した親戚や友人にも素敵な式だったと思われる為に素敵なものを作りましょう。

Comment

コメントを残す

*