こだわりたい結婚式の招待状

結婚式の招待状を選ぶ際は、インターネットで豊富なデザインが見つかります。式場にも数種類のサンプルがありますし、さまざまな雑貨がそろっている大きな店舗へ行くといくつか見つかることもありますが、思った通りのものがなかなかないこともあります。インターネットだと実物が見れないからと不安に感じる人も、無料サンプルがもらえるところなら安心です。サンプルを取り寄せたら、デザインだけではなく、紙の質や印刷の丁寧さなど、よくチェックしてみましょう。

同じデザインの席札や席次表もお願いしたい場合はそれらのデザインや紙質などもよくチェックしてください。一生に一度の結婚式ですから、細かい部分まで手を抜かずに、素敵で満足できるペーパーアイテムをそろえましょう。招待状の文面はサンプルを参考に選び、印刷をしてももらえます。返信ハガキに印刷する自分の住所や、席次表、席札ももちろん印刷してもらえますが、招待状の宛名は別のところにお願いするか、自分で書くか、字の得意な知人にお願いするなどして、毛筆での記入が必要です。宛名書きをしてくれる業者もインターネットで探せば見つかります。自分で書く自信がない、得意な知人がいない場合は、ぜひ利用しましょう。結婚式の招待状、それはただの出欠確認ではなく、結婚が決まった二人をお披露目する、最初のご挨拶であり、おもてなしの心です。

さいきんの主流は、会場やプランナーさんが用意してくださる、厚手の二つ折りカードに、薄紙やレースペーパーと、本文を記載した紙を金糸や銀糸で留め、表面にエンボス加工やパール、箔押しなどがあしらわれたものが多いように思います。綺麗に印刷されたカードに、一筆そえてあったり、別添えでメッセージカードが入っていたり。招待状の郵送に使われる切手も、お祝い事用の、華やかでお目出度いものが使われます。宛名は印刷の場合もありますが、専門の書き手さんがいらっしゃる場合もあり、見事な楷書の毛筆でしたためられていると、それだけで非常にキッチリとした印象があり、特にご高齢の参列者に好評です。返信用の葉書に使われる切手も、お祝いの席にふさわしい、寿の文字や鶴などが描かれたものが使われます。こちらは、受け取ったら3日以内に返信するのが礼儀と言われています。結婚式場や席次の都合もあるでしょうし、出来るだけ早く、お祝いの気持ちと共に返送したいですね。送る側と送られる側の想いをつなぐ、嬉しく幸せなカード、それが挙式のインビテーションであるといえましょう。

Comment

コメントを残す

*